So-net無料ブログ作成

御代替わりのことを学校で教わっていないって、マジ(@_@) [雑感]

DSC_0485.jpg

この夏に開催した小学生百人一首大会の時に、子供たちが誰一人学校で御代替わり関連のお話を先生から聞いていないという驚愕の事実。
その後いろんなところでいろんな人に話した。
が、誰一人その深刻さを問題視する人は現れない。
いわんや、私にちょっと来て子供たちや地域の人等に話して聞かせてよ、なんていう人なんて、ね。(もちろん、私ごときに言われなくても、と思われる程度の私なんだけどね)

残念ながら、この国は滅ぶだろう。
もう既になくなっているのかもしれない。

愛知トリエンナーレで、昭和天皇のご真影をバーナーで焼いて靴で灰を踏みつけるという、国家国民すべてを葬り去ろうとする悪意を公金で開いた責任者は、のらりくらりと未だにその地位にいる。

私たちは、こんな悪行を認めてはいない。
だけど、もう最低限の倫理観すら作動しない社会になってしまっている。
更にエスカレートしていくだろう。

こんなひどいことをされて、黙ってやり過ごし、笑って自分の生活のみを楽しんでいるなんて、いったい、どこまで落ちれば気が済むのだろう。

私たちの生活、私たちの国は、一人一人が身を引き締めて、命がけで守っていかなければ、次に伝えることは不可能だ。

日本はもう成長しない、

そんな言葉が少し前マスコミなどで湧き上がっていた。
何言ってんの?とおもったけど、毎日朝から晩までその言葉を浴びせられるとそんな気持ちになってくるんだろうね。

日本人がへたっている間に、5Gという新たな技術が他国で化け物化している。どうして日本で次の覇権を取りに行く動きができないのかと不思議に思っていたけど、それは、へなちょこ日本人の精神性を現場現場で攻撃されてきたからだろうな、と深田さんの本などを読むと想像できる。

胆力のない へなちょこな なよなよ物体の集合体で、自分たちの子供や孫を守れるの?

私は、微力だけど、私のできる戦いをする。
日々、そのつもりで生きる。

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。